風邪

花粉症の治療法

眠くならずに予防できます

先生

主な症状に鼻づまりが挙げられる疾患として、最近になって花粉症が増加するようになりました。花粉症で鼻づまりを起こすと、原因が空気中にあるために、予防することが難しくなります。もちろんマスクを着用することや、花粉を屋内に入れないなどの、生活での工夫も大切です。しかしそうした工夫をしても、完全に花粉をシャットアウトすることは困難です。そこで耳鼻咽喉科では、アレルギー反応を抑制するために、抗アレルギー剤をよく使用します。抗アレルギー剤を使用すると、ヒスタミンなどの伝達物質の産生を抑制する効果があります。そのため抗ヒスタミン剤のような、強い眠気を催すことが少なくなるのです。したがって抗アレルギー剤を使用すると、花粉症の鼻づまりを、眠くならずに予防することが可能です。

根治療法に繋がる治療法

いっぽう抗アレルギー剤は、あくまで予防であるために、対症療法に含まれます。対症療法というのは、中止すると鼻づまりを予防する効果を発揮しなくなる治療法です。そこでアレルゲン免疫療法という、根治療法に繋がる治療法が注目を集めるようになりました。花粉症におけるアレルゲン免疫療法は、いくつかの方法があります。そのうちはじめに普及したのが、抗原となる成分を注射で投与することです。しかし注射の場合には、自分自身では施行できないので、頻回に通院する必要があります。これに対して舌下免疫療法は、自分自身で施行することができるので人気になっています。したがって花粉症で根治療法を目指す際には、舌下免疫療法を選択すると便利です。